保険会社と示談交渉する場合、どんなことで意見が食い違うか?

保険会社との示談がうまく進まないのは何故だろう?

保険会社との意見が食い違いをする場合いくつかの問題があることと思います。その1つが保険会社に事故状況が確実に伝わっていないこと。電話で事故状況を伝えたり、道路状況を伝えるということは案外難しいものです。実際その場を知っている方からは余分な情報は省いて説明します。しかし、現場を知らない方からすると、その情報が全てなので食い違いが出てくるのです。その食い違いが初めからあったまま交渉が進んでしまうと、状況がお互いに異なっているところから始まるため、どうしてもうまくいきません。現在はインターネットで地図ではなく、その場の画像を見られるようになり、多少その食い違いは少なくなりましたが、事故時の状況をメモしておき、後日冷静にもう1度説明することでその食い違いがなくなります。事故に遭った直後も混乱している場合があり、うまく説明できないこともあるでしょう。必ずメモを取り、落ち着いてから振り返るようにしましょう。

2つ目に相手の証言と自分の証言が合わないことが挙げられます。目撃者がいない場合、自分に不利なことは避けようとする方もいるため、本当はこうだったのに相手が認めないという場合があります。そうなると過失が決められないため、お互いに合意しませんし、想定以上の過失を取られることもあります。目撃者がいれば証人を頼むと良いのですが、いない場合はメモなどをしっかり取り、相手の証言に矛盾がないか残しておくようにしましょう。警察で事情聴取したときにも証言が間違っていれば署名はしないようにしましょう。そこで署名をしてしまうと相手の証言を認めたことになってしまいます。署名をしなければいけないという強制力はありません。それでも署名をしろと言われた場合は弁護士に連絡するようにしましょう。

事故時に気を付けること、誤った方向へ進み揉めないために

証言の食い違いは大なり小なりあると思います。そこで日付や時刻を付けてメモを残すようにしましょう。焦って誤った証言をするよりは、覚えていないので整理させて欲しいと後日証言するようにしましょう。相手が事実と異なることを証言した場合は認めてはいけません。納得出来るまで話し合いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>