交通事故の示談が成立、その後の保険金請求に必要な手続きは?

示談が成立したあとはどんな書類を提出すればいいのかな?

まずは保険金請求書が必要になります。保険を使用しますという許可を出さない限り、保険会社が勝手に手続きをするわけにはいきません。お客様の意思を確認するために署名や金額によっては実印入りのものが必要となります。未成年であれば親権者の方に請求していただきます。各社によって書類が多少異なりますが、事故状況などを記入していただく書類がセットの場合が多いかと思います。事故現場の住所や見取り図や時間など、わかる範囲で記入していただき返送します。

対人事故(人を怪我させてしまった場合)、対物事故(物との事故のみの場合)、自分が怪我をしてしまった場合、自分のお車に損害がある場合により提出書類は変わってきます。お車に損害がある場合は修理工場へ入庫していただければ特に書類が必要がない場合が多いでしょう。もし修理しない場合で車両保険を使用するのであれば、保険会社が契約している調査をするものが被害状況を確認しに来て適正な価格を出してくれるでしょう。自分で用意する場合は写真や見積もりを用意することになります。見積もりはやはりどこかの

修理工場さんに出していただく必要があります。
対物事故の場合は損傷させてしまった被害物の写真があるといいでしょう。数枚、角度や距離を変えて撮影しておいてください。
対人事故や自分が怪我をしてしまった場合は、医師の診断書や、保険会社から郵送されてくる診断書をお医者さんに提出していただき、それを保険会社に郵送します。現在は個人情報保護の観点から同意書が必要な会社も多いでしょう。医師に状況を確認するためには、お客様の許可が必要なのです。病院分同意書が必要になります。あとは仕事を休むことになった場合は休業損害の証明書や交通費を請求する書類が必要な会社もあると思います。

基本的には請求書と同意書、診断書、休業損害証明書を提出

死亡事故であればそれを証明する書類が必要な場合もありますが、基本的には保険会社から郵送される書類を返送するだけで簡単に保険金請求が出来ます。どの保険会社でもある程度は同じですので、お困りになることはないでしょう。

はじめて・乗り替えの自動車保険まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>