示談交渉が長引きそうな場合は、自賠責保険の仮渡金の請求という手段がオススメ!

示談が成立しなくて保険金がもらえない。困ったな

そんな時は自賠責の仮渡金(かりわたしきん)請求をしましょう。交通事故で怪我をしてしまったけれど加害者が過失を認めてくれない。病院に通いたいけど治療費が払えない。そんなときに被害者の方が請求することで、仮渡金として当面の治療費がもらえます。被害者だけが請求できる権利です。しかし、あくまで仮渡金なので上限があります。死亡時は1人につき290万円、お怪我の場合は状態によって1人につき40万か20万、もしくは5万と決められています。金額は医師の作成した仮渡金の診断書と請求書が必要で、金額は保険会社が決めます。注意点としては、実際に妥当とされた金額が仮渡金より少なかった場合、返却しなければなりません。40万受け取ったからといって、示談成立後30万と算出された場合は10万円を返却しなければならないのです。使ってしまったから返せませんとはいきません。

被害者なのに通院代や入院代がなく、病院に通うことが出来ないといった被害者救済のためにある措置ですので、困らない程度の補償であり、不正が出来ないようになっているのです。ちなみに仮渡金でいただいた保険金は最終的に決定した保険金額から差し引かれます。自賠責の限度、怪我であれば120万を超すことはありません。先に一時的にいただいて利用という形です。休業損失などに充てても構いませんので、仮渡金を請求したからといって全て治療費に使用しなければいけないわけではありません。入院や通院によって給料がもらえなかったり下がってしまう場合もあるでしょう。そちらに回す分には問題ありません。

請求して悪いことは?出来るなら請求しないほうがいいの?

特に請求して悪いことはありませんが、注意点はいくつかあります。まず請求は1度だけしかできません。過去に請求していた場合は2度と出来ないのが今の制度です。とりあえず少しずつ請求しようということはできません。保険会社が算定した金額が振込されます。使いすぎてしまった場合はご注意。いただいた金額以上の請求が認められれば差し引いて残りの足りない分が振込されますが、仮渡金が最終的な金額より多かった場合返却しないとならないことを忘れないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>